今注目の住宅ローンを比較いたします。
楽天モーゲージ独占インタビュー
楽天モーゲージ独占インタビュー
トピックス

住宅ローンとは

取り扱い業種一覧比較

取り扱い業種特色比較

住宅ローン企業紹介
楽天銀行
総合インターネット企業の楽天が提供する、安心と信頼の住宅ローン。
新生銀行
他の金融機関と比較してトータルコスト(利息や主な手数料・諸費用の合計金額)がおトクな住宅ローンとして好評中。
SBI住宅ローン
業界最低水準金利、そして100%融資が可能。さらに日本初!フラット35に8疾病保障特約が付帯可能。
住信SBIネット銀行
インターネット専業銀行。いつでも何回でも、1円から1円単位で一部繰上返済可能です。手数料は無料です。
住宅ローンについて
住宅ローンとは

住宅ローンとは、個人が宅地の取得や住居の購入、住宅の新築、リフォームのために住宅を抵当として銀行や住宅金融会社から資金を借りることです。詳しくは当サイトコンテンツ住宅ローンとはをご参照ください。


フラット35比較

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して実現した、最長35年長期固定金利住宅ローンのことです。 詳しくは当サイトコンテンツフラット35をご参照ください。


住宅ローンを組む前に

ほとんどの方は家の購入に住宅ローンを利用しますが、特に留意されるのは、長期で借り入れを行うと支払う金利も増えるということだと思います。しかしそればかりにとらわれず、自己資金額(頭金)と手元に残す預金額のバランスを考慮することも大切です。といいますのも意外と忘れがちなのが、住宅購入後の諸費用の存在です。固定資産税は勿論、マンション購入であれば、管理費や修繕費、駐車場代など様々な費用がかかります。住宅ローンを組む際は、ご自身にあった金利タイプや返済期間を選ぶのはもちろん、購入後の生活資金も十分考慮する必要があるかと思われます。


住宅ローン選びのポイント

1、サブプライムローンなどの変動金利型でなく、全期間固定金利型の住宅ローンを選ぶ。
2、はじめの借入金をどこまで減らせるかを試算する。
3、借り入れ期間を短くする。サラリーマンの方であれば定年に近いところまで。


住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法には元金均等返済元利均等返済の二種類あります。返済期間や金利、借入額が同じであっても、どちらを採るかによって総返済額が変わってきます。返済方法のメリット・デメリットを良く理解し、ご自身にあったものを利用しましょう。


住宅ローン見直しについて

まず毎月の返済が厳しい方や、完済時の年齢が定年退職の年齢よりも高い方は、返済額軽減の手段として繰り上げ返済を考えてみてはいかがでしょうか。また全期間固定金利型でない方や、金利が高い時代(4%以上)に借りた方は、他の金融機関への乗り換えも検討すべきかと思われます。


(本サイトに掲載された文章および画像の無断転用・無断転載を固くお断りいたします。)

このページのTOPへ